スポンサーリンク

10年後なんて想像できません ⑪

2.入院まで

周囲のリアクション辛くなる

2012年 5月上旬

この頃、徐々に私が会社を休んでいることが広まり

次第に電話がかかってくることが増えました!!

はじめは電話に出ていたのですが、

対応するのがしんどくなってました・・・。

皆優しい言葉をかけてくれたり、

実は親も胃癌で・・・。

親戚も胃癌の人がおって・・・。

知り合いの人で胃がんで・・・。

はじめは、フンフン聞いていたのですが

年齢聞いたら、50歳以上の人の話やし年齢全然違うし・・・

今は10年後が見えないんですけど・・・。

30代の人の話はみんな死んでる話ばかり・・・。

つらい・・・((+_+))

そうとも言えないので電話もメールも無視しました(;一_一)

人は、余裕があるから人にやさしく出来るのだと思います。

経済的にも、精神的にもまずは自らが余裕を持てる人間になることが

人にやさしく出来る秘訣だと思います。

【予想外】忘れられない日。父親に胃癌告白。

2012年 5月中頃

実家に帰ることにヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

最寄り駅は、実家から5キロ以上あり各駅停車。

最寄り駅から家にバスも走っていない・・・。

ド田舎( ̄◇ ̄;)

オカンに癌を告白していたので、気持ちがだいぶ楽でした!

オトンは、寝たきりなのでまだ報告していない( ̄▽ ̄)

オトンへの癌告白は、今でも心に残っています。

私が、実家に帰ったことを足音で気づいたらしく

廊下を歩き部屋に、ベッドに近づくと、

オトンは、身体を起こし、震える手と弱々しい声で語りかけてきました。

「お前、癌らしいな・・・」

がっちりと手を握り震える声で、涙ながらに語りかけてきました。

どうやら、母から病気の事は聞いていたようです。

その震えた声と、父の必死に身体を起こし握手する姿に目頭がアツくなりました。

そして、生涯忘れることの出来ない一言が・・・。

「菓子パンこうてきてくれ(買ってきてくれ)!!」

「・・・」

「何て?」

はっきりした口調で

「菓子パンこうてきてくれ、パン食いたい」

「・・・・」

さっきまで、がっちり握っていた手をゆっくり解き、

「お・・・おぅ」

オトン、俺の思ってたのとちゃう~~~。

心で叫びましたが、あまりにも予想外だったので声がでませんでした・・。

優しい言葉を予想していたのは、私の期待であり、希望に過ぎず、

オトンにしてみれば、4年以上寝たきりの親に対して、

おいしいパンの一つや二つ持ってきて来るのは当然。

息子の癌よりも、自らの欲求が勝っただけ。

非常によい教訓を得れ、オトンに感謝しています。

ありがとう!!

いいネタ^0^

病気の告知【知り合い・会社】

2012年 5月18日

IMG_2153.jpg

病気を内緒にしているのもしんどい(||´Д`)o

みんなに告白しよう!!

当時、始めたばかりのフェイスブックで告白(^^♪

初投稿が、まさか癌告白とは・・・!!

ガラケーから、スマホに変えたばかりでフェイスブック慣れない中で投稿です。

漢字間違ってます Σ(゚д゚lll)

【術後10年後の投稿】

初SNS Facebookの反響があることにビックリした日

2012年 5月19日

フェイスブック(  ̄▽ ̄)スゲェェェ

反響ありました!!

でも、やり取りせず終わらせました。

心の負担が軽くなりました。

内緒にしている後ろめたさもなくなり、病気と戦う準備が整って行きました。

気持ちが落ちるところまで落ちると自然に気持ちが

上がってくるものだと思います。

人と接することもなく、テレビ、ネット、携帯も何もない。

すべての誘惑・関係性を断ち切れた数日間が私を前向きにさせてくれました。

入院のしおりは、ワクワクしません。

入院の準備。

なんか遠足のしおりのよう☆彡

コメント