胃がん 周囲の理解

胃癌 社会復帰

2012年 11月


半年検診が順調なことをうけ、

会社の朝礼にて、私が胃がんであることを告白することにしました。

周囲は、何かあって営業から内勤になったことは知っていても、

直接聞いてくる人はわずか。触れたらダメな空気感をヒシヒシと感じてました。

周りに理解してもらわないと、やっていけない部分がありました。

私自身は、社会復帰して癌のことはオープンにするのが良いと思います。

オープンにして病気が悪化することはないですし、

自分が発信すれば、必要以上に周囲も聞いてこなくなります。

中には

「私も癌なったら、マンションのローンなくなるし私もなりたい」とか

「そんなに痩せるれるなら、病気なりたい」とか言われたりもしました。

めっちゃムカつきますが、笑って過ごします( ̄ー ̄)

病気になった本人にしか分からない苦しみは、周囲は理解できないと思います。

それは、どんなことでも一緒だと思います。

御釈迦さんでも一生悩んで過ごしたのに、

一般人の私が悩まずに人生過ごせるはずがありません。

生きていけることに感謝です。ヾ(❀╹◡╹)ノ゙❀~~~

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ


にほんブログ村


胃がんランキング


コメント