胃がん 救急車

胃癌 社会復帰

2013年 11月末日

「119」に電話。

悶絶・・・。

話すことができない・・・。

痛みには波があり、小さい波の時に伝えるの精一杯。

症状、住所を伝えるのも必死。

あとは、沈黙と「はい」or「いいえ」。

痛さが伝わったようで、すぐに救急車を手配してくれたヽ(*´∀`)ノ

10分以内には救急車が到着。

その間に、財布と病院の診察券をしっかり握り締める(  ̄▽ ̄)

夜中にインターホンがなる!!

子供たちを起こさないように、必死でオートロックオープン。

玄関に行くと、救命士さん。

初の救急車。

意外と狭い、そして乗り心地は悪い・・・(苦笑)

コメント