胃がん 偉大なる父(オトン)の一言

胃癌入院まで

2012年 5月中頃
オトンに報告。

脳梗塞の父は、私が帰ってきたことを足音で気づいたらしく

廊下を歩き部屋に近づくと、

身体を起こし、震える手と弱々しい声で呼んでいました。

近づくの、震える声で名前を連呼し、握手を求めてきました。

「お前、癌らしいな・・・」

がっちりと手を握り震える声で、涙ながらに語りかけてきました。

どうやら、母から病気の事は聞いていたようです。

その震えた声と、父の必死に身体を起こし握手する姿に目頭がアツくなりました

そして、生涯忘れることの出来ない一言が・・・・

 

「菓子パンこうてきてくれ(買ってきてくれ)!!」

 

「・・・」

 

「何て?」

 

はっきりした口調で
「菓子パンこうてきてくれ、パン食いたいわっ」

「・・・・」

 

さっきまで、がっちり握っていた手をゆっくり解き、
小ちゃい声で、

「お・・・おぅ」
オトン、俺の思ってたのとちゃう~~~。

心で叫びましたが、あまりにも予想外だったので声がでませんでした・・。

ここに人間の真理があると思います。
優しい言葉を予想していたのは、私の期待であり、希望に過ぎず、
オトンにしてみれば、4年以上寝たきりの親に対して、
おいしいパンの一つや二つ持ってきて来るのは当然。
息子の癌よりも、自らの欲求が勝っただけ。
非常によい教訓を得れ、オトンに感謝しています。
ありがとう!!
いいネタです^0^

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


胃がんランキング

コメント